大人からバレエを始めてどれくらい上達するのか?

大人から初めてどれくらいを目指せるのか、いつ頃ピルエットで一回転出来るようになるのか?一生懸命にレッスンを続けていると、どれくらいバレエが上達出来るのか、希望やお手本を見出したくなりますね。私自身とその周りの大人クラスメンバーの平均的な成長を例に解説します。

 

 

 

大人初心者で達成できること、その年数

平均的に、週2回の大人クラスに通っているメンバーです。皆さんに、習い始めから今までを振り返ってもらいました。以下、大雑把なバレエ達成履歴として読んで下さい。

ピルエットとトゥシューズ

おそらく、初心者の方がバレエ上達の基準にされるのは「ピルエット」をきれいに回ることと「トゥシューズを履く」ことだと思います。ピルエットは案外あっという間に回れるもので、早いと3か月以内に一回転は出来るようになります。色々と顔、腕、軸足など、ぎこちなさは残りますが、回れます。トゥシューズは、教室の方針もあったりするのですが、私の周りの平均は3年目くらいで先生に「履いてみたい?履いてみる?」と言われるようです。発表会のある年のタイミングで、トゥシューズを考える機会が与えられた、とも聞きます。

最初の2-3か月、そして1年

バレエ用語が分からないという時期は最初の2-3か月です。ですが、用語は分かるけど、体が動かない、足の前後の位置に迷うという期間が1年ほどあります(週1回の場合)。たくさん分からない用語が出てくるけど、毎回何か新しいことを学んだり、何か出来るようになったりして楽しいです。



2年目

クラスの流れも先生が指示する動きも分かり、自信もついてきます。多くの教室では2年に1度発表会をするようなので、2年目、3年目で発表会デビューという可能性はあります。私も2年目で発表会に出ました。その時はバレエシューズ、今、その発表会ビデオ(あまり観たくないのですが)を観ると、かなり見苦しい点を多々見つけてしまいますが、大人になって何かを達成するという体験が少なくなるので、挑戦の続く楽しい毎日でした。

そう、そろそろトゥシューズも履ける可能性も出てきます。ぜひ、ご自身のレベルを検討してみて下さい。

3年目

先生に注意されていることが同じになってきます。癖が出てくるのですね。私は視線とピルエットの顔です。視線がいつも下を向いている、そしてピルエットでは顔が遅いのです。そして、この課題は未だに抱えています。この時期にはレッスンでの不安は無く、上手く出来るかどうかは別にして、レッスン内容には全てついていけます。

5年目

先生の他の生徒さんへの注意の意味も分かってきます。自分が他の生徒さんを見た時に、先生が言う出来ていないことが良く分かるのです。自分が注意を受けなくても、他の生徒さんへの注意も吸収することが出来、クラスでの情報量が増えます。この時期、新しい方がクラスに来ると、その方の伸び率が非常に羨ましくなります。私自身は見た目にはあまり成長が無いように見えるからです。

バレエも日常の一部になり、何となく惰性も出てくる時期。こちらの記事も参考にどうぞ。上達を望む際の葛藤

10年を超えた当たり

色々な筋肉の動きが分かります。使えているか使えていないかも分かります。使えていない場合、使おうと意識をもっていきやすくなったように思います。先生に出来ていないことを注意された時に、明らかに何が出来ていないか、はっきりと分かります。そして、その場で正しく修正すべき動きを(完璧ではないけれども、修正として正しい方向に意識を向けられる)行うことができます。初心者の場合、先生が注意しても、それを修正する動きのために使う筋肉やバランスの取り方が間違っていることがあり、結局修正できないことがあるのですが、経験を積むと何が間違っていて、何が正しいかが分かります。なので、プリエでも注意を受けると、つくづく「ああ、これ出来てないよなぁ」とショックも大きいのです。

軸がしっかりしてきているので、若い子と変わらず、綺麗にパッセ、バランスで立つことも出来ます。足を挙げてキープするような動作以外では、子どもの頃にバレエをやってました?と言われるようなレベルに達するかと思います。大人は頭での理解が先行するので、おそらく子どもに簡単な指導をすることさえ出来るレベルになると思います。ただ、お手本ができませんね。

やっぱり出来ないこと

  • 足を高く上げてキープすること
    私の言い訳かもしれませんが、足がバレエ向けに出来ていないのです。小さい頃からバレエを始めている人は、脚の筋肉もバレエに適したところにつきます。一方、大人になって初めてバレエをする人は、それまでにバレエに関係の無い筋肉が発達している(あるいは、バレエ向けの筋肉が発達していません)ので、脚を上げることはできますが、重くてキープができません。重い脚を無理にキープしようとするとバレエにとっては不要な筋肉(特に太ももの前)が発達しかねません。

 

  • ジャンプやアレグロがしんどい

これはもう歳のせいとさせて下さい。プロってすごいなぁと思います。


あくまで参考です。どれくらい集中してバレエレッスンを受けられるかで状況は変わります。また、過去の運動経験やダンス経験でも違いは出ます。

日頃からあまり運動をしていないかな、という場合にはスタミナも必要なので、週1回のバレエだけでなくウォーキングやジムなどで基礎体力をつけるのも上達につながるでしょう。

Posted in バレエを始める, 初心者 and tagged , .