グランバットマン

フランス語のbattement は「叩く」という意味です。frappeにも「叩く」意味がありました。違いはbattementの場合は連続して叩く動作を続けることのニュアンスがあります。動作のカテゴリでいうと、battementの叩く種類の一つにfrappeがあるという関係性です。

バーの最後に高く足を持ち上げる動きです。略して一般的に「バットマン」と呼ばれますが、バットマンそれ自体は「片脚を前、横、後ろに進展させること」という意味です。なので、これまで紹介した他のパも、正しくはバットマン○○という名前です。バットマンタンジュ、バットマンデガジェ、バットマンフォンデュなど。

さて、グランバットマン、日本語では1語のようですが、フランス語、英語では2語です。Grand Battementです。Grandには「大きな」という意味があります。ということで、グランバットマンは大きく片脚を前横後ろに出すパです。「大きく」というのは動きの大きさで、具体的には動かす脚の高さになります。高く上がる脚はバレリーナの象徴、憧れますね。

しかし、グランバットマンの目標で、1番目に「脚を高く上げること」を掲げると間違った動き、筋肉のトレーニングになってしまいがちです。注意してバーの締めくくりのバットマンを練習しましょう。

バットマン

これまでのバーレッスンの動きの要素が入っています。それを意識してグランバットマンを完成させましょう。ただ、脚を上げるまでの動きを1拍で行う速い動きです。音楽(リズム)に遅れないようにもしましょう。

バットマンでは、バーレッスンの最初に出てきたタンジュをきちんと通過します。床を離れるまでの動きはタンジュと同じです。そして、足のつま先が床から離れたら、それはデガジェを通過して、高く脚を上げます。この動作確認をスローで行うと、脚は高く上がりません。タンジュの動きの部分は本当に素早い動きです。この動きの勢い(速さ)とタンジュでつま先で床を蹴り上げる力を利用してデガジェ以上の、自分の体の限界まで脚を振り上げます。

そして、頂点の高さに脚が達したら、もちろん5番に戻します。ですが、この時、重力に任せてドスンと脚を落とすのではありません。脚を下ろすのもコントロールの内です。特に、床とつま先が接触するときにコントロールは重要です。足先が床に着いた瞬間からタンジュと同様の動きを通過して5番に戻します。重力の勢いで脚を下ろすと床との接触時の足先のコントロールはできません。一定の速さで脚を頂点から床ま下ろすようコントロールしましょう。

脚を高く上げることを目標に置くと、外腿を使って持ち上げるような動きになりがちです。そうすると、ターンアウトは崩れています。バットマンで脚を上げるときにもターンアウトをして下さい。また、脚を無理やりに高く上げようとして、軸としてしっかりと立っているはずの上半身が上げる脚の方に倒れてしまうことがあります。

正しくバットマンできる範囲で脚を高く上げるようにしましょう。

とはいっても、デガジェにプリエが入ったパで動きの仕組み自体は難しくありません。デガジェする前にプリエが入るパです。初心者の方はプリエ+デガジェと覚えても良いでしょう。

ドゥバン(前)での注意事項

  • 脚を高く上げようとして外腿を使いがちです。外側の力が勝って、体のアライメントがずれることがあります。正面から見たときに、左右の腰骨が平行に並んでいるようにしましょう。間違った動きでは、動かしている脚側の腰骨が前に出やすいです。
  • 同じく、脚を高く上げようとした場合に、前述のポイントとは逆に、状態が後ろに傾くという間違いが起こりやすいです。前面に脚を上げるので、体は前後のバランスを保とうとして状態が後ろ側に倒れやすくなります。状態が倒れるほどに脚を上げるということは、無理をして脚を上げているということです。徐々に高く脚を上げられるよう、柔軟性、筋力をつけていきましょう。

アラセゴン(横)での注意事項

  • 脚を高く上げようと勢いよく脚を出すために、動かしている脚側に体重が移動するという間違いがあります。体重は軸足のつま先よりです。横に出す脚をコントロールできる範囲に収めましょう。勢いで出して、体重が動かす脚側に移動し、バーを持つ手がピーンと伸びているのは間違いです。
  • 初心者の時に悩んだので、注意に加えますが、アンディオールが深くない場合、横に出す脚は、腕の前に出すことになります。先生やプロのダンサーは体の真横に脚が出ていて、そのために腕の後ろにアラセゴンのバットマンの位置があるかもしれません。ですが、初心者や大人から始めたバレリーナで、真横に足が出るということは稀です。体の構造に恵まれている場合は別ですが、5番の位置からお尻を後ろに出さず、しまい込んだまま、つまりターンアウトをして横に出せる脚の位置は体の前側です。だんだんと脚を高く上げられるようになった時に、アラセゴンに出している腕に脚が当たるという場合、おそらく脚の方のターンアウトが緩んでいるかもしれません。確認して下さい。

デリエール(後ろ)での注意事項

  • 後ろに脚を高く上がるときには、前と横とは違い、状態の前傾は許されます。ただ、これ状態をまっすぐにしては上げられないというところで気持ち前に体を倒すような位にしましょう。
  • バーの腕の位置は、やや前に移動させます。体が前に前傾することを考慮してバーの腕の位置をずらします。具体的には手のひら1つ分くらい前に移動しています。そして、重要なのは、この持つ腕の位置を他のポジションで元の位置に戻すことです。案外忙しいのですが、バーの腕の位置を正しい位置に持ってくることで、体が動きやすくなり、後ろに脚を上げやすくなります。
  • バランスとして難しい方向なので、軸足の体重が簡単に踵側に乗ってしまいがちです。後ろに上げる脚の方向(体の後ろにでているか)ということとも合わせて、注意しましょう。
  • 後ろに上げる脚側の腰が脚に連れていかれるようにずれることがあります。左右の腰骨が正面から見て同じように見えるはずなのに、動かす側の脚の腰骨が後ろに引いたようになり、おなかがセンター(バーとは反対の方向)に向くという間違いです。脚の付け根から動かすというように意識してみましょう。

最後にお手本です。動きが見えやすいようにかバーに対してエカルテ(開いた方向)で前と横のバットマンをしています。後ろの時に、従来のバーの位置に戻しています。後ろのバットマンから、1度横のバットマンをしてターンして反対側を開始しますが、この後ろバットマンから横のバットマンの際に、バーの腕の位置が移動していることにも注目して下さい。

動画 出典:Royal Opera House – Insight


柔軟性と筋力が足りずに、最初はそんなに高く脚が上がらないかもしれません。レッスンを続けてれば、必ず柔軟性と筋力は付いてきて、脚も高く上がるようになります。なので、最初に無理をして脚を高く上げるよりは、正しく脚を上げられるところまで上げるというレッスンにしましょう。

Posted in バレエレッスン, バレエ用語, 初心者, 動画 and tagged .