筋肉痛からバレエで体を上手く使えているかを考える

Last updated on 2018年04月13日

最終更新日 2018年2月25日

久しぶりのレッスンの後、筋肉痛に見舞われます。この筋肉痛になる場所から、自分がバレエレッスンでどの筋肉を使っているのかを考える良い機会になるのではないかと考えます。

理想的には内腿かな、と思うのですが、、、「体のどの部位が痛くなったか」から、その筋肉はバレエに必要なのか、正しく使えた結果の筋肉痛なのかを考えてみましょう。

外腿が痛い

太ももの前、膝頭外側から発達している大きな筋肉、外側広筋と大腿四頭筋と言われる筋肉群辺りです。よくボディビルダーだったり短距離ランナーの足で「ムキムキ」しているところです。ここが一番、筋肉痛を感じるという場合、外腿の力を使っているということです。この外腿をバレエで全く使わないわけでは無いのですが、内腿も使っているので、この筋肉が際立って筋肉痛だということはあまりありません。足の周囲(ぐるっと包むように)痛い場合はバランスが良いと思います。

はじめてのレッスンから内腿を正しく使うということはなかなか出来ません。内腿は普通の生活では酷使されませんし、脚のコントロールに使う筋肉ではありません。ですので、初心者の方が、外腿が痛いというのは仕方ありません。ただ、次回のレッスンから、気が付いた際に、この外側の筋肉がムキッと力んでいないかを確認してみてはどうでしょうか。



初心者の方で外腿が、よく力みやすい動作は3つあります。

プリエ

脚を「折りたたむ」というのが本来の意味で、脚を使う動作なのは確かなのですが、あまり脚にばかり意識を置かないようにしましょう。膝がつま先方向に進めるようなイメージで動作を行いましょう。

そして、実際の見かけの動作とは逆ですが、体の重心は上に移動させているという意識も持ってみましょう。そうすると体が沈みこまず、お尻が後ろに出にくくなります。不思議な表現ですが、脚の屈伸で体全体は下に沈むような動きをしつつ、意識は沈まないように上に伸びていく意識でプリエを行います。そうすると、すっと頭の中心から尾てい骨までが上に伸びるようなイメージになります。

足と足の隙間を閉じようとキュッと力む時

この時、外側から抑え込もうというイメージで外腿の力が働きます。体の縦方向に伸びるイメージ、上下(頭の方向と足の方向に)引き延ばすようにして隙間を閉じるイメージに変えてみて下さい。

足を持ち上げる動き

ディべロッペやバットマンなどで外腿が力みがちです。上げる脚を力ませるのではなく、軸足をお尻の下から地面方向に押してしっかり立つようにしてみて下さい。

ふくらはぎが痛い

これはルルべをすることの影響です。間違った筋肉痛ではありません。バレエで使う筋肉なので、筋肉痛になって当然です。特に、日常でつま先立ちをする機会は、そう多くないので、初めてのレッスンであったり、久しぶりのレッスンであれば、ふくらはぎが痛くなるのは当然かと思います。

レッスンの最中でも構わないので、アキレス腱を伸ばすストレッチをこまめに行っておくと、ふくらはぎの筋肉痛はやや緩和します。

足首が痛い

初心者の方は足首が痛くなることがあるかと思います。ルルべでつま先立ちになると、足首がグラグラしませんか?その時に、いつもは動かない方向にも足首が動き、それを支えようと足首周りの筋肉を使っています。

正しくルルべで立てている場合、足指の地面についている箇所から脚の付け根まで一本の筋が通ったようにピンとして揺らぎません。初心者の方の場合、ルルべの時に、地面と足指の設置場所や体重位置がピタっと決まらないため、余計にグラグラしやすくなってしまいます。まずは、親指の付け根の部分に一番体重が乗るように意識してみましょう。

バレエでは全ての関節の柔軟さが大切です。全ての動きをスムースにするためです。ロボっとのようなカクカクとした動きは関節の硬さにあります。関節が柔軟でスムースに動くことは重要です。足首については、バレエレッスン前後で足首を回すストレッチを行いましょう。

足先だけを動かすのではなく、座って手を使って、手で足首を全ての方向に廻してあげるのが良いです。手を使わずに足だけで動かすと、動きやすい方向にのみ旋回し、ストレッチ効果が薄いです。足首は内側には折れやすい(バレエで言う釜足やバナナ足)ので、それとは反対の方向にも手を使ってストレッチさせると良いでしょう。尚、外側は思っているほどには動かないので、無理はせず伸びているなぁという程度で外側に旋回させて下さい。

 

バレエレッスンではどの筋肉を使っているのかを意識できると上達への道も早いです。「何となくこの辺」では無く、意識して使う筋肉を動かせることを目指しましょう。バレエで必要な筋トレについても解説しています。参考にどうぞ。大人バレエの体力づくり ジム


バレエ歴10年以上で、ターンアウトや引き上げなどの意味を分かっている(つもり)ですが、自分が思っている筋肉と違うところが痛みます。まだまだ筋肉を正しく使えていないのか、痛くなったところの筋肉が弱いのか、そのあたりは医学的見解を聞いてみたいところです。

Posted in バレエレッスン and tagged , .