バレエ初心者の1番ポジション

両足の踵をくっつけて、足先を外に、バレエの独特なポジションです。憧れますね。正しい1番ポジションが出来ていると、足裏を十分に感じ、バランスを取るためにも安定した軸足が得られます。

バレエの動きの理解が進むとより分かりやすいのですが、この外向きの足、足の付け根からの外向きに外転させているのです。足先だけ外を向いていればいいというのではありません。初心者のよくある間違いですが、足先だけ何とか外に向けて1番ポジションを保とうとします。

あなたにとって可能な、将来的に膝を壊さないための外足の角度を考えてみましょう。

無理やりな1番ポジション

バレエシューズの底の摩擦を利用すれば、何とか見た目はつま先が180度外に開いた、外足に立つことが出来ます。その瞬間だけであれば、容易です。ですが、実際、踊っている間中ずっと、この一番をキープできますか?ジャンプでの着地で同じ角度で開いた1番になりますか?

なりません。そう、足裏の床との摩擦で実現しているので、それを戻そうとする力を常に感じます。摩擦が無くなり、自分で外足に向ける力に支えられていなければ、パラレル(つま先が前、踵が後ろ)に戻ります。

バーレッスンなど、足裏が常に床に接している時に、摩擦を利用して無理に足だけ外足をキープすることはできますが、膝の故障につながるので、自分で開くことの出来る範囲の1番ポジションで練習をしましょう。

自分にとって正しい1番ポジション

私の1番ポジションは120度くらいです。これ以上開くと、踵が後ろに引っ張られるような力を感じ、その力に揺さぶられて、足裏をしっかりと感じられません。グラグラして練習にもならないので、残念ではありますが、これを自分の1番としています。

 

バレエ的に正しいのではなく、自分に正しい外足をまずは確認しましょう。おそらく、バレエのイメージの外足とは程遠いかもしれません。しかし、無理せずに自分の開く範囲の外足で行う動きの方が、足先をよく使えますし、脚もよく伸びます。無理やりな外足によるねじれのある脚は、脚全体に力が上手く行き渡りませんし、コントロールも難しくなります。余計なねじれによる力を押さえつける力も必要ですから、気づかずに余計な筋肉もつき、バレエのしなやかな脚とは程遠くなっていくかもしれません。ということで、悲しいのですが、自分の最大限の外足の角度を確認してみましょう。

無理やりな1番による膝の故障

正しい1番は、脚の付け根から外転(アンディオール)された1番です。初心者の間違いは、足先だけを外に向けることです。脚の付け根からは外転できていないので、脚の付け根はいつも通り前を向いています。膝も前を向いています。つま先だけ外側です。

つま先から膝あたりにかけてねじれがあり、自由度のある膝(関節)に大きな負担がかかります。足先だけを外に向けた1番の場合、プリエの膝の曲げ伸ばしの際に、ますます膝への負担が大きくなります。ドゥミプリエの写真(左側)で、ねじれがあることを確認して下さい。

バレエはプリエがほとんどの動きに出てきます。なので、一回のレッスンで何十回、もしかしたら数百回くらいのプリエを行います。ということは、それだけ膝に負担が積み重なります。1回ごとプリエでは痛みも感じず、動きは可能ですが、負荷が蓄積すると膝を痛めます。

外足の角度の確認方法

仰向けに寝ます。足先はフレックスでつま先を揃えて下さい。そこから踵を基準にしてつま先を外に向けていって下さい。要は足の裏に何も摩擦の無い状態、自力で1番をつくるのです。脚の付け根を、多少外転する方向に手で力を加えても構いません。限界まで足先を外に向けましたか?それが今の体にとって負担の無い、自分にとって正しい1番ポジションです。

これ以上の角度で外足を保とうとする場合、足先だけで開いているねじれのある外足になります。私も先生からこの方法聞いて、自分の外足の範囲を知った時、非常にショックでした。

柔軟性が増すこと、筋力がつくことなどで、多少1番の角度は大きくなっていき、理想に近づきます。ですが、日本人の骨格上、180度に開く1番ポジションの人はなかなかいないとも言われています。


長く楽しく、つまり怪我・故障無くバレエを続けるためにも、最初から無理はしないようにしましょう。

 

Posted in バレエを始める, 初心者 and tagged .