ルルべで重心がかかる足裏の場所はどこ?

左の二枚のルルべの写真(ルルべをしている本人の目線です)、どちらが正しいルルべか分かりますか?体重が正しく足に乗っているのはどちらでしょうか?

ルルべの際に、足の裏で床を感じる正しい場所を考えてみましょう。

 

 

 

床からしっかりとまっすぐに伸びた脚

正しい位置に重心が乗っている場合、足が床に接している面から脚の付け根まで、しっかりと一本の軸が通り、床を押しやすく、また反対に上にも伸びやすい状態になります。

正しくない位置に重心が乗っていると、足の軸にぶれが生じます。上に伸びたいのに、その方向に力が伝わらないような軸の向きが発生するのです。

 

 

 

正しい重心は親指の付け根

正解は左

左側が正しく重心を親指の付け根に乗せた時の写真です。写真はルルべをしている本人が足元を見て撮った写真ですから、ご自身でもルルべをしている足を見て比較してみて下さい。

小指側の方が関節を曲げやすいため、小指側に体重を乗せて関節を曲げると、踵も高くなりやすいです。ですが、これは自分の体重を足の上に投げ出しているも同然で、床を押すという動作ではありません。そして、脚からの力も外側から床に伝わるのでバレエで使いたい内腿との連携がありません。

小指側に体重を乗せた場合

脚の内腿の筋肉と足指を通して床との繋がりが無い場合、色々と支障が出てきます。アンディオールをしようと太腿りで使う内腿の力と、足先で使う外側の筋肉に連携が無いため、アンディオールが緩みます。しっかりとした支点が床にないため、常にバランスが不安定です。小指側に体重を置いた時に、体がグラグラしませんか?

なお、この小指側に癖をつけたままトゥシューズを履くと、アテール(全ての足の裏を床につけたまま)であっても片足で立つとグラグラします。

正しく親指側に体重をもっていくと、床に触れている面積が大きくなり、床を感じやすくなります。慣れてくるとしっかりと床を感じ、内ももからの力を直接に床に伝えられます。

ルルべでの足の裏と床の接地面

親指付け根に意識を

ルルべの時に床と接地している足の裏の場所を緑色で示しました。親指の付け根がメイン、続いて人差し指、そして、サポートするように残りの足指の付け根が床と接地しています。

 

 

親指の付け根の接地面は、床に対して90度に近い角度、他の指はそれをサポートする添え木のような役割です。

第1中足骨(検索してみて下さい)を床に90度に近い角度で突き刺すようなイメージです。

 

 

 


足のどこに重心を置くか分かりましたか?次回のレッスンで「今日のポイント」として常に体重が足のどこにあるかを意識し、親指付け根に重心を置くようにしてみて下さい。

 

 

Posted in 中上級, 初心者 and tagged .